ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2020.09.18 Friday

そういえば

暑さ寒さも彼岸まで、皆さんのところはいかがでしょう? 今月の前半までは暑かった札幌ですが、最近はさすがに半袖1枚で歩くには寒い季節となりました。そろそろ衣替えをしないと。。。▼その暑い最中に、俳優の渡○也さんの訃報が届きました。それより前にプロダクションの解散を発表してましたから、”死に仕舞い”とでもいいましょうかある種の覚悟があったんでしょうねぇ…お悔み申し上げますm(_ _)m で、週刊誌なんぞを立ち読みして回顧記事を読んでいると、私たちの世代の印象は断然にテレビの「西△警察」ですよね! そこで不意に「そういえばウチら”大◇軍団”て呼ばれてたなぁ」なんてことを思い出しました(^^) 一緒につるんでた中に役名と同姓のオトコがいたからそう呼ばれるようになったと記憶してますが、テレビの軍団のいかついイメージとは大違い、ただ毎日つるんでゲラゲラ笑って大声で騒いでいましたっけ(^^; 何があんなに楽しかったんだろ? 箸が転げても笑う”青春”ってやつですかねぇ▼話は今に戻って、コ○ナ禍の5月に店を休んで毎日ぼーっとしていた時、客前にも出ないし外出時にはマスクをつけるしってんで髭を剃らずにいたんです、ずっと。それでわかったんですけど、私すでに髭は真っ白になってたんです、鼻下と顎に黒いのが見えるだけで頬からえら?にかけては殆ど白! これは新鮮な発見だったので、今の私、もみ上げから続くように顎骨に髭を残しています(*^^*) 50を過ぎれば人生は”白秋”、早く髪も白くなれと願うばかり▼お彼岸は、祝日の巡りが良くて今年は4連休、政府のGoToキャンペーンに便乗する方もいらっしゃるでしょうか。とはいえまだまだ全国でコ○ナ禍は続いていますので、感染予防にお努め下さいませ。ウチは通常通り営業するんですが、すすきのも”夜の街”関連の感染者の微増が続いているため無茶な若造しか歩いておらず、旅行客も遠慮するとなればまぁ毎日閑古鳥でしょうね(^^; 商売は黒いな。。。▼名簿更新の件、メアド変更や「変更しなくていい」といった連絡がちらほらと届いています。まだまだお待ちしていますので、伝言等よろしくお願いします〜。
2020.08.24 Monday

事務連絡

2ヵ月のご無沙汰です。皆さん、残暑お見舞い申し上げますm(_ _)m 8月に入って晴れる日の多くなった札幌も暑い日が続いてます。とはいっても日暮れには涼しい風が吹き、トンボの飛んでるのを見かけると秋も近いなぁと感じます▼それにしても今年は、コ○ナ禍のせいで淡々と時が過ぎてきて気がつけば9月、「今年何かしたかな???」と考えても思い出せないくらい(^^; いつもならどうってことのない、例えば春には花見をして夏にはビアガーデンに繰り出し…なんて歳時事がいかに時間に深みを与えているかってことを痛感しています。このつまらないまま今年は終わるんでしょうねぇ▼先刻通り、皆さんの登録アドレスの送受信確認を先週行い、送信エラーとなって返ってきた方々のお名前を[掲示板]にUPしました。多くは「アドレスが見つかりません」「ドメインが不明のため…」といった理由でしたけど、中には「受信トレイの容量がいっぱいで送信できませんでした」という方もいらっしゃいました(^^; 昔作って今はほとんど使ってないんでしょう、たまには開いてみて下さいね〜。で、エラーで返ってきた方々は送受信テストをされたこと自体伝わってませんから、心ある皆さん、今でも連絡を取り合ってる方がいらっしゃいましたら、本件お伝えいただけたら嬉しいです(^^) よろしくです〜。
2020.06.18 Thursday

そろりそろり

YOSAKOIの賑やかな音楽も神宮例大祭のお囃子も聴こえなかった6月の札幌、街中を歩く人も戻ってきたかなとは思うもののどこか静かで寂し気です。外出するのにもおっかなびっくりってな雰囲気を身にまとってるのが伝わります。皆さんのところはいかがでしょう?▼コ○ナ禍に伴う自粛要請を受けて、ウチの店は結局5月末まで5週間余にわたって休業(何年分の休日!?)してました。店まで通う”歩き”すらなくなれば運動不足に輪がかかるってんで散歩を日課にしてたんですけど、まぁ人影は少なかったですねぇ、特に夜のすすきのは! これなら要請を無視して開けてても誰も来なかっただろうなと実感させられました〜。世界中から”中途半端な対応でコ○ナ禍を上手に押さえている不思議の国日本”の現実、ホントに日本人は真面目です。内実は、職場第1号の感染者になりたくない!という強固な意志が出控えさせているらしく、これまたいかにも日本人的発想で納得です▼6月から再開すると、店主の安否確認よろしくお客さんが顔を見せてくれるので今はホッとしているところです(^^) それでも予感通り?か、週末の賑わいというのはありませんね〜。6月前半の2週末の人出は平日並み、ウチみたいなすぐ”密”になる店にとっては結果オーライだったとも言えますけど…。これがすすきのの”新北海道スタイル”というなら、受け入れられるまでに時間がかかりますねぇ、減る来客数をどう取り戻すのよ? すでに年中無休だってのに?? 営業時間を延ばすか??? 来年から”アラカン”の身にはキツイ話だなぁ。。。▼このブログ、ほぼ2ヵ月ぶりなんですけど、これをUPすると「それだけ休んでてどこにも行けなかったんだから、お前ちゃんと”ブログ”しろよ」なんて声が聞こえてきそうです(^^; すいません、ネタはヒトに遭わないと見つかりませんで。。。おや? 「それだけ休んでいれば、ホームページの移行も終わったんだろうな?」って声も聞こえましたか?(^^; すいません、休業中はダラダラと昼間っから酒飲んでたんで、真面目に作業
できる時間も少なく…それでも8割方作り込みを終えてますので、今しばらくお待ち下さいませ。まずは近々に、登録メアドの更新をするために新ドメインでのメール送信テストを行う予定です。「○/×に送信しました」と掲示板にUPしますので、届かなかった方は事務局までご連絡下さいませ。よろしくお願いします〜。
2020.04.22 Wednesday

外出自粛要請に思う

日本中、コ○ナ禍の収まる気配は全く見えず、第2波の到来した北海道にはついに緊急事態宣言が出されました。ゴールデンウィークの終わる5/6までの措置のようですが、さぁてそこで宣言を取り下げられるかしらん???▼私自身、コ○ナ禍自体は天災だと考えています。地震や豪雨と同じく、自分ではどうにも太刀打ちできないものですから。ただ今回特異なのは、その蔓延を防ぐ目的で外出を自粛するようにとの要請が出されたこと。我々水商売の人間にはこれは大きな痛手で、こうなるとそれはもう人災です。A首相は最近まで、「(そういう方たちへの)損失補償は考えてない」と言ってましたよね? あれに反発した同業は多いだろうなぁ、「他人の食い扶持奪っておいて何だそれは!? じゃあ意地でも営業を続けてやる!」って。そんな人があまりに多いから、このままじゃ人の外出(=感染)が治まらないと思い至ったんでしょう、補助金の縛りを緩くして各首長に金銭的に補償させるように仕向けました。遅過ぎた感はありますが、やっと”言った責任”を自覚してくれたのかなぁ、政治屋さんは口商売なんですから▼この補償で一心地ついた同業は多いと思います。当面の急場を凌ぐことはできるでしょう。ただ本当に怖いのは、この外出自粛要請で人々の生活スタイルが変わる(変わった?)こと。否が応にも例の”働き方改革”を皆さんさせられてるはずです。在宅勤務しかり時差出勤しかり…。お酒に関すれば、宅飲みに慣れると「これでいいじゃん」と考える人が増える、会社絡みの宴会も必要なもの以外は自然となくなっていく…となると、コ○ナ禍が過ぎたとてすすきのに以前通りの賑わいは戻らないのではないか…長期的にはこの変化の方がじわじわと効いてきそうな気がしてます▼本来ゴールデンウィークは稼ぎ時のはずの当店も、補償金に目がくらんで4/25から5/6まで休業します。すすきの住人御用達のラフィラ・イトーヨーカ堂も同期間休業するそうで、買い出しにも支障が出そうですし観光客も帰省客もいないなると、さすがに誰も来ない気が(^^; タイミングよく暇になりましたから、これを機に懸案のホームページの移行や余剰金の扱いについてゆっくり考えるとしましょうか! いい案配にまとまりますように〜(^^)
2020.04.03 Friday

どちらもいいもんじゃないけれど

4月になってコ○ナ禍は、収束する気配が見えないばかりか東京や大阪で患者数が急増しています。2月末に北海道で初めて出された外出自粛要請がそれらの地域でも出され始めました。この施策、間違いなくヒトとカネの動きを止めます! この1ヶ月の暇だったこと!! これでコ○ナ禍が収束に向かってくれないと困ります(*_*) そうなることを切に願うばかり▼ヒトとカネは止まっても時は止まらず、4月に入ればウチの店も対応せざるを得ないってんで少しバタバタとしてました。それは「煙草」。東京都の条例ほど厳しくはないものの、全国の飲食店は「喫煙/禁煙」の対応をはっきりさせないといけなくなりました。店の広さや従業員の有無などでその対応の仕方に選択肢があるのですが、ウチみたいな狭くて従業員のいない店の場合、喫煙させるなら「喫煙可能店」という自治体発行のシールを店外に明示しなければいけなくなり…とここで、話を年末まで戻します▼ある日の営業中、飛び込みの営業さんが入ってきました。「来年4月からの店内禁煙の対応についてご存知ですよね?」「ええ、ウチは喫煙バーにするつもりですけど」「あーそうですか!でしたら…」と営業し始めたのは、前述の「喫煙可能店」シールでの対応は時限措置である…こちらのようなバーでも条例が厳しくなっていつ何時喫煙不可にさせられるかわからない…そこで店を”たばこ出張販売許可店”にすれば条例が厳しくなっても喫煙可で通せる…。「いかがです?」「乗りましょう!」。というわけで、ウチには今たばこを置いていて、それを売り上げとしてカウントできるようになりました〜▼ちなみにたばこ出張販売許可とは、例えばすすきのの街角でキレイなお姉さんが籠にたばこを入れて売るために、またイベント会場でワゴンに並べて売るために必要な許可のこと。そこには「喫煙目的店」という「喫煙可能店」とほぼ同じデザインのシールが与えられるので、ウチの店外には2枚のシールが貼られています。併せて、店を引き継いで15年という節目?でもあるので扉の壁紙も替えました(*^^*) 新たな当店、コ○ナ禍に負けず20年、25年と続けられますように。って、それよりも受動喫煙で身体をやられるかも?(^^;
2020.03.13 Friday

経過報告

いやぁ、ほぼ2カ月間ここをサボってしまいましたぁ、あいすいませんm(_ _)m 皆さんお元気ですか…なんて訊くのは最近はばかられるか…大変ですねぇコ○ナ、くれぐれもお大事に。今回は私の2か月間の出来事を▼1月には、昨年お客さんから頂いた大量のLPレコードの処分を無事完了しました〜。引き取り手の現れないために残ったのが200枚程度、それをジャンル別に分けてそれぞれ得意の中古レコード屋に持って行った結果、150枚は売れ、30枚は預け中で値がつくかどうか、20枚はどうにもならずに止む無くゴミステーションに、といった結果…上出来です、そのお客さんに今度報告しないと▼2月には、暇な雪まつり期間中に3日ほど店を閉めて、数年間使いっ放しだったオーディオ装置をメンテナンスに出しました。お陰で現在、音環境は最高! 店を休んでいいこともあるもんです(^^)▼せっかくいい音環境になったのに、3月はコ○ナ禍ですすきのは閑古鳥(*_*) まぁこればかりは仕方ありません、こちらも罹患に気をつけて災禍の過ぎるのを待つばかり…▼先回書いた「25期ホームページ」の扱いについて、少しずつですが未来の姿の”輪郭”が見えてきました。形にまで見えた時点で、皆さんにご報告できるかと思います。その際、メアド等も更新したいと考えていますので、変更のある方は事務局までお知らせ下さいませ。→事務局: office@gaoka25.org  
2020.01.15 Wednesday

謹賀新年

昨年の冬の始まりに「今年の冬は”冬らしく”なるんじゃないでしょうか」なんて書きましたけど、いやぁ見事に外れてますね(^^; これまで覚えのないくらい雪の少ない札幌です。雪まつりのための雪の輸送距離もその費用も大変だとか…無事に開催されますように▼お陰様を持ちましてこのホームページも14年目を迎えました。開設したのは「同期間の連絡網として役に立つから」との先輩からのアドバイスがあったからで、確かに開設当初は大いに皆さんに有効活用してもらえ、こちらとしてはいいもの作ったなぁと自負したものです。しかしながら、昨今のSNSの発展や”同期で集おう熱”もやや冷めていることもあってか、最近の使用状況はこのつまらんブログと私の案内する紫雲会に絡む情報発信くらいとお恥ずかしい限り(^^; ここに至ってはそろそろ閉設してもいいのでは?と、昨秋ころから事務局で話し合いを始めました▼ホームページの運営資金は、我々が幹事を務めた「2007紫雲会」の広告収入の余剰金、つまりは広告を出してくれた同窓生や同期の皆さんのおカネです。その残金であと10数年運営することは可能です。が! 殆ど使わないもののためにその大事なおカネを”垂れ流す”のはどうよ?というのが思いの発端。他に有効な使い道があるのではないか、と▼来年のゴールデンウィークごろまでは継続し、それまでの間に皆さんに何度かご意見を募る予定です(一斉メールもしくは掲示板)。残金の有効な使い道を一緒に考えてもらえるとありがたいです。また、事務局機能は何らかの形で残したいと考えています(同期名簿の管理を放棄できるか???)ので、その形態の在り方も考えてもらえたら…動きの多い1年になりそうですが、今年も宜しくお願い申し上げますm(_ _)m
2019.12.04 Wednesday

働き方改革の本質

12月に入って大雪に見舞われた札幌は、もうすっかり冬景色。今年は、夏は夏らしく秋も秋らしく…と季節の移ろいにめりはりがあったので、これは冬も冬らしくなるぞと覚悟しています(^^) 季節物?のインフルエンザもすでに流行っていますので、皆さんどうぞご自愛下さいませ▼以前も書きました「働き方改革」、今度はパワハラに関して法制化が進むと新聞記事にありました。要旨を読めばなかなか厳しく、私もサラリーマンを続けていれば加害者になって
いたのかもと想像してしまいます。ただ思い出すに、決して”いじめ”の要素はなかったと思うんですね、手や足を出すことは勿論ないし大声で叱ることもないし。要は、”叱咤激励してその本人を鍛えて仕事のできる人間に育てよう”と思ってのことだったかと。それもパワハラと言われるんなら…と少し考え込んでしまいます▼日本人は会社組織というものに、ある種の家族意識を持っていると思うんです。運命共同体的な、一緒に努力して成長しよう!っていう。だから、多少怒られても我慢するしプロジェクトが上手く終われば「飲みに行くぞ、おー!」って繰り出すし。。。家族において、親に怒られたり誕生パーティーをして楽しんだりするのと何も変わりませんよね? 日本では、”人とのふれあい”を会社にも求めている、といえるんじゃないかな▼その上で”叱るな””残業するな”と言われれば、各人が会社に対する意識を改めなきゃいけないと思います。前述したように、叱るのもその本人を育てようという意識があるから叱るわけだし、サービス残業だって自分がやらないと会社(上司、同僚)に迷惑をかけるという意識があるからするわけだし。。。この”会社を大切に思う意識”、これからはこれが邪魔になりますよ! 間違いなく持っちゃいけない。会社は家族じゃなく労働の対価をくれるだけの場所だと割り切って、ダメな社員がいれば何も言わずに評価を下げる、仕事が終わらなくても定時でさっさと帰る、「飲み会? 残業代出るんですか?」と白々しく訊いて断る、等々▼ある在宅ワークの人がこんなことを言ってました。WEBだけで会社とつながっているというのは、同僚と顔を合わせて語り合う機会がないので、そこが寂しい点だと。その人は、実際の会社勤めを経て在宅ワークへ転向したようですから、そこに懐かしさも感じているのかもしれません。けれど、在宅ワークしか経験のない人がこれから増えていくことを考えれば、そんな郷愁も過去のものになるのも遠くないでしょう。人とのふれあいを、会社にではなく会社以外のコミュニティー(もちろん家族も!)に求めていく時代にならないと、働き方改革を達成することなんてできないんじゃないかな。昭和の私たちには無理かも(^^;
2019.11.08 Friday

来年の東京オリンピックは盛り上がる???

9月の秋分の日辺りから11月の文化の日にかけて、日本中ラグビーのW杯で盛り上がりましたね! 日本チームの決勝トーナメント初進出もあり、昔からのラグビーファンとしては嬉しい限りでした(^^) この前仕事帰りに寄った居酒屋のテレビでも「スクールウォーズ」を再放送していたし…さすがに「われら青春」ではなかったけど…こんな便乗も盛り上げに一役かったのかしらん???▼そんな最中に降って湧いた、東京オリンピックのマラソンと競歩を札幌で開催するって話、いやいや驚きましたねぇ〜、IOCが勝手に決めて地元が報道で初めて知るって、すごいことしてくれますよねぇ…東京都も怒るわけだ。札幌も急な話で迷惑だって怒ればいいのに、30年冬季オリンピックの招致を考えてるから強いことも言えずってんで、痛いところ弱いところを突かれたってところでしょうか▼個人的にはマラソンも競歩もいりません、来なくていい。そもそもどちらも順位を競うわけでしょ? 例えば、最初にゴールした人が3時間ちょうどで次の人が3時間1秒だったとしても、その人達は金メダルと銀メダルをもらえるでしょ? つまり、暑かろうが湿度が高かろうがその状況に上手く対応することが競技の本質じゃないのかなぁ、”競う”からって過酷な状況なのにタイムを求めるのはただのアホでしょうに。だから今回、IOCはコースを札幌に変更するんじゃなくて、東京で行うとした上で「タイムは二の次、酷暑の中での競技であろうから体調に留意せよ」って言えば済んだんじゃないかな▼夏季オリンピックを7、8月に開催するのは、世界中のプロスポーツがお休みの時期だから。前回の東京開催のように10月に!ってわけにはいきません。それに、今回の招致活動をしていた時の東京の売り文句が「東京の6月は雨の季節、9月は台風の季節。7、8月は東京にとって一番いい季節です」ですって! ハハハ、誰の口が言わせたんでしょうねぇ(^^; ちなみにK知事じゃないですよ、K氏の前の前の人…都の知事は大変だ。。。
2019.10.04 Friday

また電気が…

本欄、9月はすっ飛ばしてしまいました〜。そんな台風の季節、千葉の房総半島ではその被害により10数日も停電になってしまいました。昨年の地震でブラックアウトを経験した北海道ですが、それでも復旧まで長くて3日、その長さを想像すると苦労はいかばかりか…被害に遭われた方、お見舞い申し上げますm(_ _)m▼昨年今年と、今の生活にいかに電気が欠かせないかと痛感させられています。水道は勿論、冷蔵庫や洗濯機、室内照明にトイレ、オール電化となればコンロまで、勿論この原稿を書いているパソコンや情報源となるテレビや携帯電話も、ぜーんぶ電気がないと成り立ちません(私の商売も成り立ちません(^^;)。この脆弱さを克服するための答えは、容易には出せないですよねぇ、例えば”一家に一台ソーラーパネルを”なんて打ち出しても限界がありますし▼その答えのヒントかなぁ、この前ウチの店のビルの1階で「洋式トイレじゃない、ここ!」と右往左往してるガキがいました。「和式じゃダメなのかい?!」と年寄りは思うわけですよ…つまり、個々に”人間力”を鍛えるしかないのかなと。トイレのないところでモヨオしたらどうするの? 携帯電話使えなかったらどうするのって話でしょ▼ここ数日、近畿地方を管轄する大手電力会社のお偉いさんが、原発に関連して金品を受領していたと問題になっています。いずれ何らかの処分を以て収束させるんでしょうけど、ここは一つ、辞任とか減俸とか一般的な処分ではなく、”目には目を””電気には電気を”ってんで「自宅停電及び自宅謹慎○ヵ月」なんてやったらどうでしょう? 脆弱さを身に染みて実感して、その克服方法を考え出してくれるんじゃないですかね? 元々デキのいい人達なんだから。
Powered by
30days Album