ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 善意も五体満足であればこそ | main | これが同じ? >>
2016.03.04 Friday

無音の中で考える

 2月の暖かさが続くのかと思ってたら3月初日に猛吹雪、まだまだ春は遠いのか…それでも雛祭りの辺りから街に桃色が散見されて、気持ちだけは近づいています。皆さんの街はいかかでしょう?(^^)
 ここんとこ、店を開けてもお客さんがいないとLPもCDもかけないんですが、そうするとよその店のカラオケが漏れ聞こえてきます。そんな時、なんでこんな曲が歌われるの?って不思議に思える曲がちらほらあるんです。こんな曲っていうのは、原曲の発売された世代と明らかに違う世代のコが歌ってるとか、女性歌手の歌をオトコが歌ってる(逆も然り)とか…。いい歌でも売れてなかった歌たちですから、テレビドラマやCMに使われてリバイバルしてるのかなぁなんて想像してたんですけど、どうやら今の歌い手さんが昔の曲をカヴァーしたのを聴いて覚えてるらしいんです。確かに、ここ数年カヴァーアルバムがいっぱい出てますよね? 徳永○明くんあたりがはしりでしょうか…。で、暇に任せて考えたんです。これって、なかなかいい商売なのかな、と。つまり、歌手Aさんの売れなかった歌を歌手Bさんが歌って聴き直され、それがカラオケで皆に歌われて…Bさんも然り。自分の売れなかった歌を歌手Cさんが歌ってくれてこれまた聴き直され、それがカラオケで皆に歌われて…てなサイクル、見事な著作権料収入の相互扶助ですもんね! 昨今は、新譜CDの販売不振がひどく、よくてもダウンロードでの単曲販売で少ししか稼げないといわれてますから、これは助けになってるんじゃないでしょうか??? ぜひ歌い手さんの本音を聞いてみたい!
 なんてアタマを巡らす無音の店内、”音”をウリにしてる店が無音ってどうよと言われたら返す言葉がないんですが(^^; 言い訳すると、ウチのアンプは真空管でこれは消耗品です。耐用時間てのがあって、使わないほど長持ちするんです。状態のいい真空管を手に入れるのがどんどん難しくなっていく中での苦肉の策、どうぞ深慮を持ってご理解下さいませ〜
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album