ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 変わらない北海道? 変わる飲食業? | main | 先見の明暗はいずれに >>
2017.07.12 Wednesday

辛さと甘さの関係は

 3回前のこの欄で「ゴールデンウィークのこの暑さが今年一になるんじゃないか…」なんて書きましたけど、いやいや恐れ入りました、ここ数日の札幌は全国一の暑さが続いています! 大通公園以外でちらほら始まっているビアガーデンはすでに繁盛している様子、いやぁその気持ち、とってもよくわかります(^^) 短い夏を楽しまないと。皆さんもすでに楽しんでますか?  昔から、暑くなると食べたくなるのが冷たいものと辛いものですよね? この間も、狸小路にできたジェラード屋で溶けてボタボタこぼれるジェラードを手をベトベトさせながら食べたり、道庁近くの老舗ラーメン屋で山椒のたっぷり効いたマーボー面を汗をタラタラ流しながら食べた私もご多聞にもれません(^^) で、その”辛さ”について最近改めて認識?したことがあったんです。それは、まだ暑さを増す前の営業中の話。アフターで使ってくれるお客さんが「これマスターにお土産!」とくれた某コンビニ限定のスナック菓子、それは要するに”鷹の爪の唐揚げ”で「最近ハマってるんだよねぇ」と。どれどれともらった菓子袋を開けてつまんでみると、確かに辛い!それがじわじわ広がるもんだから、酒で緩和しようと思ったものの油断していて手元に酒がない!! 代わりはと探した目の前に、お客さんに出したお通しのチョコが。「ごめん、一つちょうだい」と慌てて口に放り込んでほっと一息…のはずが全く効き目なく、口の中は辛いのと甘いのが同居する気持ち悪い状態に!!! 「???」疑問だらけのアタマを抱えながら、酒の置いてあるところまでがーっと行ってぐっーと飲んだところで気持ち悪さ解消〜。冷静になって考えて、やっと昔聞いた話を思い出しました。舌は場所ごとに感じる味覚が違っていて、全体ですべての味覚を感じるわけではないってことを。一応、調理師なんですけどね(^^; これまでそんな状況になれば、水(酒)で流してばっかりでしたから、それを自覚することなんてなかったんでしょうねぇ。それにしても、この経験は結構新鮮でした! 皆さんも興味があればご自分の舌で実験してみて下さーい!  お客さんとこのスープカレー屋(この夏も間違いなく食べに行くでしょう)にはアイスもあって、食後にはそれがなかなかに美味しいんです。辛さを中和してくれてたわけじゃなかったんだなぁ…あっ、ちなみにつまみ食いしたチョコ、お客さんにちゃんと返しましたからね〜。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album