ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< お詫び | main | 引越にまつわる話―その1― >>
2018.09.11 Tuesday

弱り目に祟り目と油断大敵と

先週の北海道は、台風が上陸した後すぐ地震にまで襲われました。どちらも夜中、皆さん就寝中でしょうからさぞ驚かれたでしょうね! 被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げますm(_ _)m▼私自身はどちらも帰宅時刻だったので、いつもの酔っ払い状態(^^; 台風の時は、それが札幌に最接近する頃と閉店時間が重なる予想だったので、客足も引けていたからちょっと閉店を早めて外に出てみると雨風ビュービューでとても歩けたもんじゃなく、近いのにタクシーで帰ってきて傘を壊すこともなく何とか無事でした。地震の時は、店を閉めて帰り道を歩いてる最中に建築現場の足場がガチャンガチャン鳴り出して、「何?何?何?」と横を見ると電柱が揺れていて「あ、地震か」と。揺れも収まって自宅に辿り着けば停電で真っ暗闇。酔っ払ってるし”果報は寝て待て”よろしくベッドへ一直線〜▼今回の地震で堪えてるのはやっぱり停電でしょう。勿論がけ崩れや液状化による建物の倒壊も実害は大きいですけど、停電が長引くことがこんなにも物流を滞らせるものなんだと(未だスーパーに空棚が目立ってる!)。私に至っては電気がないと商売にならない…窓のない店だから店内真っ暗、スピーカーから音は出ないわ氷は溶けるわビールはぬるいわ(*_*)▼今回の停電について、H電力会社は「厚真の発電所が緊急停止したことで他の発電所に負荷が回り、急に需要と供給のバランスが崩れてブラックアウトした」旨の説明をしてます。電力のしくみに疎いので「そういうもんか」と聞いてたら、とある学者さんが「一番需要の少ない時間帯だから、そもそも(最大電力供給量を持つ)厚真しか動かしてなかったんじゃないか」と言ってたんです。つまりは、H社は経営が厳しいから他の発電所を自ら止めてたんだと! う〜ん説得力あるなぁ。もしそれが本当なら、厚真がやられることのリスクよりも経営収支を優先していたことになるH社、本来なら怒るところでしょうけど私なんて蝋燭もランタンも用意してなかったもの、他人のことを偉そうに言えません(^^; 弱り目に祟り目、油断大敵、これに懲りて考え改めましょ、H社も私も▼店のあるすすきの界隈は、西から北から徐々に電気が復旧し出してウチのところは最後の最後、7(金)の16時過ぎだったようです。”ようです”ってのは復旧の早かったエリアにある馴染みの焼鳥屋さんで20時まで飲んでたから(^^) そこを出て店に入ると電気は点く!氷も何とか使える! いやぁ不幸中の幸い!とばかりに「近所にいます。電話下さい」って貼紙して店閉めて、他の馴染み数軒を結局朝まで飲み歩いてました〜。”カネは天下の回りもの”、自分のところに回ってこなかったら他に回さないと! この考え方は改められないです〜(*^^*)
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album