ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 引越にまつわる話―その2― | main | ガラにもなく >>
2018.11.15 Thursday

お詫び・第2段

7月に続いて今年2回目の「お詫び」題、まさか又つけることになるとは…いや面目のないことで▼バタバタしていて本欄をすっぽかしていたのは、その7月のお詫び・第1段の続編といいますか…その中で書いた”身内のゴタゴタ”、実は伯母の葬儀・埋葬の対応でして、旦那と子供に先立たれてた人だったからそれらをいとこ連中で仕切らざるを得なかったんです。まあ、成年後見人さんがついていたので財産等の整理は片付いていて、実務だけで済んだのは幸いでしたけど▼で今回のブランク、今度はその財産の相続手続きに追われています。葬儀に参列したいとこ連中は、まだ現役で仕事をしているので日中の役所対応なんてできませんから、そこは自由の利く私がやることになりまして▼いやぁ、話には聞いてましたけどホントに大変な作業です! 相続を受けるのは6人と身内では当たり前に認識できてることを、財産を預かってる金融機関は信じちゃくれない。「ホントに6人? じゃ証明して。証明できなきゃ上ーげない」という。証明するには、6人以外みんな死んだよって書いてある除籍謄本なるものを集めろと、しかも15歳の戸籍まで遡って集めろと。私やいとこ連中の親(伯母の兄弟姉妹)のものならそんなに難しくないですよ、けれどその上=私の祖父母のまでって…祖父母の15歳当時って明治ですよ! そこまで遡らないとダメなんですって、財産欲しけりゃ。ありゃりゃ(*_*)▼今現在、手元に集めた謄本はざっと30枚。あと10枚くらいで完了する予定です。年内にはなんとか終わって、身軽になって年を越したいなぁ。。。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album