ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.09.22 Friday

地震雷火事○○

 日本列島を縦断した台風18号、札幌も熱帯低気圧のまま通過したはずなのですが風雨ともに弱く、一時は晴れ間も覗いた(目に入った?)くらいでした。皆さんのところはいかがでしたでしょうか? 被害に遭われた方にはお見舞い申し上げますm(_ _)m それにしても、昔は北海道に来る頃には温帯低気圧になってたもんですけどねぇ、オホーツク海にも南の魚(何だかは失念しました)が現れる時代、やはりこれも温暖化の影響でしょうか???  先回の更新からバタバタと過ぎたこの1カ月の間に、Mr.Rocketmanの火遊び?のせいでJアラートが2回鳴りました。朝っぱらから何の騒ぎ?と、結果として大変な迷惑だったらしいですねぇ。いや、”らしい”っていうのは、実は私の楽々スマホ、鳴らなかったんです、特に設定をOFFにした記憶もないんですけど(^^; ですから1回目を知ったのは、ほぼ半日後の店を開けた後に「寝不足〜」とぶーたれるお客さんからでした。2回目は、フラフラと朝帰り途中のすすきの駅出口で「地下鉄止まってるってよ!」と騒いでるガキどもの声がきっかけでした。日頃、常にマナーモードで電話とメールしか使わないとはいえ、Jアラートが鳴らないってそれ”スマート”じゃないですよね? まぁでも、台風のように予め予想がつくなら避難だ何だと対応できるでしょうけど、鳴ってから着弾まで5分かそこらって速さですから、鳴っても何もできないよなと思わないでも…営業中に鳴っても迷惑だよと思わないでも…正直、怖いのは怖いですけど、それで誰が逃げ切れるんでしょうかね? 避難袋持って安全なところへってそんなところあるのかしらん??  そんなJアラート、鳴ってほしいからではなくて鳴らなくていいんですけど、近々携帯を買い替える予定です。スマートじゃないのもありますけど、料金がやっぱり高い! 更新時期に来ているので最近充実している格安系にしようかと(^^)v 携帯メアドでやりとりしている皆さん、変わりましたらお知らせしますね〜。3回目に殺られてなければですけど〜。
2017.08.23 Wednesday

ビギナーズラック

 お盆休みに入ってから天気のすぐれなかった札幌、どうにもつまらない思いで帰省を終えた方もいらっしゃったのではないでしょうか。関東地方も長雨続きのようで…帰っていらっしゃらなかった方を含め、皆さん夏を満喫できましたか???  その休み明けから少し夏らしさが戻ってきて、先週の日曜日はすこぶる快晴、元気に起きられたので最近恒例の札幌競馬場に日向ぼっこに出かけてきました。で、3年目となるとただ寝てるだけではつまらないってんで今年は馬券を買おうと(^^) とりあえず競馬新聞を買ってパドックを見、目星をつけてなんてそれらしい段取り踏んでいざ買おうと思ったら、おっと買い方がわからない! その勝ち馬投票券のマークシート用紙が何種類もあるし馬券の種類もたくさんあるし…ってその用紙を眺めてただけで購入締切に(^^; 次のレースまで30分、これではだめだとまずはマークシートとにらめっこ、見ているうちに何となく買い方がわかったので、試しにマークして券売機に入れてみたら、おー買えた! 賭けるだけでレースを見る目が変わりますね〜、初馬券は結構ドキドキしました(*^^*) でも、適当に買ったその馬券はもちろん大外れ。それでも要領はつかめたので、今度こそと次レースからはパドック見物→馬券予想→購入、の手順を最終レースまで繰り返したら…なんと、掛け金の倍近い配当が返ってきました! いわゆるビギナーズラックですね〜、充分楽しめました(^^)/ これに味をしめてどっぷり首を突っ込まないように気をつけないと。。。  で、いくら返ってきたかって? 打ち上げにビール飲んでちょこっとつまんだら消えましたよ、まぁ初めてだったんで100円ずつしか賭けてませんから(^^; ただ、賭けてると寝る暇がなかったのでその夜の営業中の眠いこと…賭けて遊ぶのも私には良し悪しかしらん???
2017.08.07 Monday

先見の明暗はいずれに

 7月ほどの暑さではないにしろ、そこそこ夏らしい気候の続いている札幌、恒例の大通ビアガーデンは「あなたたち、日頃何してんの?!」と呆れるくらい昼間っから酔客でごった返しています。今日から暦の上では秋といっても、皆さんのところもまだまだ暑いでしょう、甲子園もこれからです、どうぞ夏を満喫して下さいね(^^)  私もすすきのの住人になって12年を越しまして、同じフロアでは2番目の古参店、ビル自体も系列の中では1番古くなりました(^^) 毎日歩いている街並みも、路面の景色は少しずつ変わっています。で、最近増えたなぁと思うのはガールズバー! 風営法の届けが要らないから出店するのも手っ取り早いんでしょう(先週のすすきの祭りでは、路上屋台の周りをバニーちゃんがうようよ歩いてました)。あとはジンギスカン屋と牛タン屋も増えました。情報通のお客さんによると、これにはどうもTPP(環太平洋…ナンチャラ貿易協定)が絡んでいるそう。協定の詳細は分からないけれど、つまりはアメリカとオーストラリアとニュージーランドからの輸入肉が安くなる、となれば仕入れ値が下がってその分ボロ儲け!って算段らしい。なるほどぉ、先見の明ってやつですか?! ただ、アメリカのPres.Twitterが協定からの 離脱を表明しましたからねぇ、アテが外れたと悔しい思いをしてるオーナーもいるかもしれません。が、かすかな希望ですけど残った国だけで再締結できれば何とかなるか…と、それでも浮かばれないのがどうも牛タン屋。牛タンってアメリカ産が一番美味しいんですって! 国産もオーストラリア産も大したことないらしいんです。先見の明暗、ここで別れるんでしょうか(^^;  すすきのでは顕著でないにしろ、餃子屋と牡蠣屋も増えてると思いません? 餃子はやっぱりTPP絡みかなぁ、牡蠣は? 思い当たらないなぁ。。。
2017.07.12 Wednesday

辛さと甘さの関係は

 3回前のこの欄で「ゴールデンウィークのこの暑さが今年一になるんじゃないか…」なんて書きましたけど、いやいや恐れ入りました、ここ数日の札幌は全国一の暑さが続いています! 大通公園以外でちらほら始まっているビアガーデンはすでに繁盛している様子、いやぁその気持ち、とってもよくわかります(^^) 短い夏を楽しまないと。皆さんもすでに楽しんでますか?  昔から、暑くなると食べたくなるのが冷たいものと辛いものですよね? この間も、狸小路にできたジェラード屋で溶けてボタボタこぼれるジェラードを手をベトベトさせながら食べたり、道庁近くの老舗ラーメン屋で山椒のたっぷり効いたマーボー面を汗をタラタラ流しながら食べた私もご多聞にもれません(^^) で、その”辛さ”について最近改めて認識?したことがあったんです。それは、まだ暑さを増す前の営業中の話。アフターで使ってくれるお客さんが「これマスターにお土産!」とくれた某コンビニ限定のスナック菓子、それは要するに”鷹の爪の唐揚げ”で「最近ハマってるんだよねぇ」と。どれどれともらった菓子袋を開けてつまんでみると、確かに辛い!それがじわじわ広がるもんだから、酒で緩和しようと思ったものの油断していて手元に酒がない!! 代わりはと探した目の前に、お客さんに出したお通しのチョコが。「ごめん、一つちょうだい」と慌てて口に放り込んでほっと一息…のはずが全く効き目なく、口の中は辛いのと甘いのが同居する気持ち悪い状態に!!! 「???」疑問だらけのアタマを抱えながら、酒の置いてあるところまでがーっと行ってぐっーと飲んだところで気持ち悪さ解消〜。冷静になって考えて、やっと昔聞いた話を思い出しました。舌は場所ごとに感じる味覚が違っていて、全体ですべての味覚を感じるわけではないってことを。一応、調理師なんですけどね(^^; これまでそんな状況になれば、水(酒)で流してばっかりでしたから、それを自覚することなんてなかったんでしょうねぇ。それにしても、この経験は結構新鮮でした! 皆さんも興味があればご自分の舌で実験してみて下さーい!  お客さんとこのスープカレー屋(この夏も間違いなく食べに行くでしょう)にはアイスもあって、食後にはそれがなかなかに美味しいんです。辛さを中和してくれてたわけじゃなかったんだなぁ…あっ、ちなみにつまみ食いしたチョコ、お客さんにちゃんと返しましたからね〜。
2017.06.16 Friday

変わらない北海道? 変わる飲食業?

 新緑のきれいな札幌は、リラ冷えを引きずってるかのように寒い日が続いているのですが、そういえば昔の年寄は「札幌祭まではストーブ焚くんだ」なんて言ってたような気もします。そのお祭りも今日で終わり、日ごとに暖かくなってくれるといいんですが。  先月、ミシュランガイド北海道版が数年ぶりに改訂発行されました。星を取ったお店の中には、「知ってるコがものすごく目立たない看板しか出してない店開いたの、心配だから平井さん行って上げて〜」と言われてた天ぷら屋さんがあったり、街中に移転する前の真駒内にあった時には家族でよく通ってたお寿司屋さんが星を上げてたりとか、ぼやぼやしてたらとーっても敷居が高くなって、もう行くに行けなくなったお店も(^^; で、ちょっと気付いたのは、星の高いのは小さなお店が多いってことなんです(数十人相手となるとお馴染みの○リエールさんくらい)。ということは、”料理だけ”で点数を稼いだってことだと思うんです、ホール担当(接客スタッフ)なんて一人いればいいような広さのお店なんでしょうから。これは、店を始める前にレストランでホールをしていた人間にとってはちょっと悲しく寂しい結果。まぁ確かに、その人間が「この店のホールは上手だなぁ」と思えた店に出合えたことは、行った軒数が少ないとはいえ今までないんですよねぇ、残念ながら。だからこその、この”料理だけ”ラインナップなんでしょうねぇ。。。昔から「素材一流、調理二流、サービス三流」と北海道は言われ続けていますけど、観光客がこれだけ増えても変わらないのかなぁ? サービスは大事な仕事なのにそこを重視する経営者がいないのかなぁ??(私のいたレストランのオーナーシェフはそうでした(^^;) 今でさえ人手不足の飲食業界、これからもっとヒトの減る時代が来るとひょっとして殆ど個人店になったりして??? なーんてことを考えるかどうかわかりませんが、これから札幌祭を覗いてきます! 今日はそれが大事(^^)/  ところで私、かな書道習いは続いていて、7/4(火)から9(日)まで大丸藤井セントラル7階で3年ぶりの社中展が開催されまして、こちらも変わらず上達のしない私の作品も出展されます。字だけでは話にならないので今回もネタ仕込みで(^^) お時間があれば是非。ので、本ブログの次回更新は7月中旬以降です〜。
2017.06.02 Friday

運動会の季節に

 先月末の運動会ウィーク第1段は土曜日曜ともに雨に見舞われて、全種目を終えられた学校はなかったみたい様子。そのせいで、未消化分をいつやるかって対応で各校てんやわんや、今週前半の晴天に合わせて無事に消化できたのかしらん??? で、「未消化分は中止って選択肢はないの?」と、その未消化に終わった日の夜に飲みに来た友人の小学校教諭に訊いたら「それはない! 発表のために生徒がどれだけ頑張ってきたか!」だそうで…先生大変ですねぇ、今週末の第2段、天気予想は下降線、第1段と同じ流れになりそうな…。  ゴールデンウィークにはまだ雪の残っていた藻岩山も今はすっかり新緑に覆われて、札幌は1年でいちばん気持ちのいい季節に向かっています。そのせいか、ランニングや自転車で走る人の姿を頻繁に見かけるようになりました。皆さん、身体鍛えますね! 確かに気持ちはよさそうですが、腰痛持ちの私にとって運動といえるのは通勤の往復の歩きだけ、ぜーぜーはーはーキツイのは今さら無理でしょう、だいたい起きてそんなことしたら吐くもの(^^; とはいえ先般、加圧トレーナーの先生に「平井さんの腰痛は筋肉がないからだよ」とあっさり言われたのも事実。ん〜ん…。  その教諭友人、飲んでるうちに「そういえば健康診断受けてる? 51歳だよ、いろいろ出てくるよ」と訊かれたので、「それはない! 任意のものは一切やらなくていいから自営業してるんだ」ときっぱり言い切った私ですが、健康状態の把握はともかく筋力不足はいかんともしがたいわけでねぇ、でも”飲み屋のオヤジ”なんて不健康がウリのようなもんだしねぇ、さてさて、どこかに落しどころはあるのかな??? 飲み屋のオヤジも大変だ。。。
2017.05.17 Wednesday

旅行は楽し

 ゴールデンウィーク後半の”今年一”になるやもしれぬ陽気に包まれた札幌の桜は、満開の見頃が丸一日あったかどうかというくらいに一気に咲いて一気に散りました。その反動かここ数日はとーっても寒く、三吉神社の例大祭では寒さでさすがにビールを飲む気にもなれずビーフシチューを頼む始末(^^; この時期の挨拶とは思えませんが、寒暖入り乱れてますので風邪など召しませぬよう。。。  そんな陽気に誘われて連休中、大学時代のサークルの先輩と旭川まで日帰りで出かけてきました。近場とはいえ旅行ですから、昔から私の旅行につきものなのは、ご当地の食と温泉とジャズ! 先輩の協力も得てプランを立てて行ってきました〜。まずは昼、やっぱり旭川ラーメンでしょということで蜂○本店へ。せっかくの遠出、いつもは並ばない行列待ちも何のその、札幌では味わえない一杯を無事堪能(^^)v お次は、ラーメンでかいた汗を流すべく温泉へ…なんですが、街場に温泉がないようなので老舗の銭湯へ。さっぱりした後、ご自身で管理しているアパートの一部をそれ用に改修して爆音を響かせていることで有名なジャズ喫茶アベ◇へ。確かに爆音、そして莫大な投資と推察されるオーディオ装置(旭川ならそのアパート一棟くらい買えるかも)。その爆音のせいか耳の遠いマスターにアイスコーヒーを頼んだら「ない。まだ夏じゃないから」と(^^; ホットと手間変わらないけどと思いながら”ふつうの喫茶店”を期待した己を恥じつつ、ホットをふーふー飲み干しいざ夕食へ。そこは、安くて美味いと評判の市役所近くの馬△ホルモン。小汚い店(失礼!)でも二人では予約を受けてくれないために開店早々に入店したら、そんな二人連れやらお一人さまが後から来るわ来るわ! それでもメニューがホルモンと飲み物しかないから配膳もスムーズで、いいだけ食べて飲んでベリーチープで驚き('o') 本来なら、この満腹を抱えてジャズバーに行って深酒ってパターンなのですが、ウチの営業があるのでやむなく電車に揺られて満腹をこなして帰ってきた次第でした〜。  で、改めて旅行は楽しいなぁと思いました。今回みたいな旅行をサラリーマン時代にずーっとしていて、都府県でいうと富山と宮崎以外は行き尽くしたもんですから、店を始めても日帰りにしろ休むにしろ旅行はもう充分なんて思ってたんですが…。なんだか今回、その旅の虫が目を覚ましたかもしれません(*^^*) 今後、店をちらほら休んでいたら、「旅に出やがったな」って思ってやって下さい、まぁそんなことにはならないとは思うのですが。。。
2017.05.02 Tuesday

無題(場つなぎ、時間稼ぎ、とも言えるか…)

 街中の道路沿いでは桜が間もなく満開を迎え、雪の残る緑っ気のない山にはこぶしの真っ白な花が目立ち始めた札幌は、ようやく春の気配が漂い始めました。ゴールデンウィーク後半の天気はどうなんでしょう? 皆さん、何か予定組まれました? 私は、毎年恒例の花見に呼ばれてます。どうかいい天気になりますように。。。話題に乏しいので、今回はこの程度で(^^; ウチの店は、連休関係なく営業してます〜!
2017.04.13 Thursday

曇り時々雪のち晴れ?

 一昨日いらした東京のお客さんによると、東京の桜は今頃満開を迎えるものの雨がちで花見の頃合いを逃すんじゃないか、とおっしゃってました。もう雪はないだろうと油断してた札幌は今日、地吹雪に見舞われてます(*_*)  ゴールデンウィークに間に合うのかなぁ、桜…。  そんな札幌にこの4月初めて来た人はさぞ雪景色にびっくりするでしょう。他にも新天地で慣れぬ生活ペースに戸惑ってる方もいるのでは? そんな”落ち着かない春”というわけではないのでしょうけど、2人のお客さんと偶然にも別々に同じような話(相談?愚痴?)をしたんです。それは、簡単に言えば「仕事がつまらなくなってきた、転職しようかなぁ」という内容。2人とも10〜20年間同じ職場にお勤めで、私自身10年で会社勤めを辞めた人間ですから、何となくわかるんですよねぇ、つまらなくなってる気持ちが。惰性でできてしまう、大したアタマを使わない、ワクワクしない…そんなところでしょうか。日本の終身雇用形態は、入社当初から徐々に仕事内容が高度になり、異動も交えながら管理業務も入ってきて、といい意味”飽きさせない”ように仕組まれてます。また、並行してプライベートでは、結婚して子供ができて家を買って、と人生にも”変化”があるから、いつの間にか定年お勤めご苦労さん、てな流れがその典型だったと思います。ただ、あいにくとお二人は独身男子で公務員さん、業務にも人生にも変化が乏しいようで。で、私は「公務員を辞めるのはいかにももったいない、プライベートに変化を求めては」なんてつまらない助言を…毎日好きな音楽聴いて好きな酒飲んでヘラヘラ暮らしてるオトコのそれが役に立つとも思えませんが、「辞めろ!辞めちまえ!」っていうのもねぇ(^^;  数年前、経済評論家の○前研△さんが”定年二回論”を唱えてました。「退職年齢が70歳になるのを見越すと、40代で一度会社を辞めて体力気力のあるうちに次の仕事に移るべきだ、それが新たな活力を生んで経済も活性化する、云々(デンデンと読んだお坊ちゃんがいましたけどウンヌンですから)」と。それを読んだ時に、とっても共感したのを覚えてます。いかにも40年余は長いですもん! そのためには、終身雇用形態における退職金の役割なんてのも見直すべきで、まぁ簡単に転換できるとは思いませんけどね。それでも、今の新卒一括就職制度にどうも無理があるように見えてしまうと、一考に値するんじゃないかなぁ…いやはや話がずれましたm(_ _)m そんな制度未整備の中、安定した身分も退職金も捨てる勇気を持てるなら、件のお二人は、ご自身にも周りにも新たな活力を生んでくれるでしょう! いずれにせよお二人に、きれいな花が咲きますように、この雪を融かすほどの力強い陽光が射しますように。。。
2017.03.24 Friday

そうなるか、そうなるよね

 少しばかり春の気配が漂ってくると、それに水を差すように一晩で雪景色に戻してしまう札幌のこの時期は、靴も服も替えようかどうしようかとっても迷います。夏靴をベチャベチャにした人はいませんか?(それは私です) 春着で風邪を引いた人はいませんか?(まだ大丈夫!) 皆さん気をつけましょうね〜。  この時期はまた卒業シーズン、進学や就職を迎えるお子さんをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。ちょっと前まで、新聞には各大学の入試倍率表が出ていたと思えば、合格発表の写真付き記事が載ったりして…これも毎年恒例だなぁなんて思ってたら、ちょっと興味深い話を耳にしました。店のお客さんで、私と同じM工大を出た人がいるんですけど、そのお客さんの恩師が退官記念講義をするというので久しぶりに母校へ赴いたんだそうです。で、謝恩会の席で先生が言うに「学生のレベルが年々落ちてきてる」「お前(=お客さん)の高校からなんて誰も入ってこないぞ」と。お客さんは”玉ねぎ”で、お客さんや私の在学時は出身校別では一大勢力だったんです。”山猿”なんて弱小で、現役時代の定期戦でも負けて大学で人数でも負けるんかい!てなイメージを持つくらい多かった。けど今は殆どいない、と。他、ウチも含めて道内の進学校で名の通る高校からの進学者もほぼいない状況だと…つまりはこういうことのようです。昔、大学に進学するのは(偏見や語弊があるかもしれませんが)各校の成績上位者で、その中で大学の偏差値や希望に照らして進学先を決めてていたから、偏差値差のない学生が集まって大学の質を維持できていた。しかし、今の大学全入(全大学の募集人数が全高卒見込み者数を上回る)時代は、それだけでは募集人員に届かないから、受験者であれば高校時代の成績が悪くても(大学の望む学力水準に届いていなくても)受け入れざるを得ない。結果、学生の質が低下し、果ては大学の質も落ちてきて…。よくよく考えればさもありなんですよねぇ。入試倍率が平年並みでもその質は全然違うという、写真で喜んでる姿は同じでもその中味は全然違うという…毎年恒例なんて片付けていられないなぁ、同じじゃないんだもの。  期せずして、”日本の科学水準は落ちている”なんて記事も目にしました。この辺りにも一因があるのかしらん??? 少子化、恐るべし! 子供のいない私が偉そうに言えることではありませんけど。。。
Powered by
30days Album